待ってあげる

動物対話士について comments(0) - ターニャ

こんにちは。動物対話士®の佐藤です。

 

今日は返事を「待つ」ことについて。

 

よく質問をして、何か反応(返事)を待つ。

そして対話する。

これが「動物対話」って話をさせていただいておりますけど・・・・

 

その時、意外とできないのが、

 

「待つ」ということ。

 

どうしても返事って焦っちゃうことありませんか??

 

何かを聞いて反応が無い。

 

え??どっちがいいの?

散歩行きたいの、やめたいの??

ごはん食べたいの?そうじゃないの?他の事なの?

 

人間は忙しいです(笑)

可愛いんだけど自分(人間都合の)の事もしたい!!

 

つい、早く返事もらって、さっさと行動起こして、

「鳴く」とか、「まとわりつく」という行為をやめてもらいたい!!

本音がでちゃいます(笑)

 

大切な子と、ちゃんと対話したいのはどの飼い主さんも同じ。

でもつい焦っちゃってませんか??

 

でもご自身に置き換えてみてください。

例えば・・・・

 

ご主人やお子様、または大切な友人に・・・

「ねえ。今日誕生日だよね。何か美味しいもの食べに行こうか?何が良い??」

なーんて聞かれたら嬉しいですよね。(^-^)

 

でもその後、

 

「ねえ!!何がいいの?イタリアン?それとも和食??それともエスニック???」

とか矢継ぎ早に聞かれて・・・

 

うーん。

どれもいいなあ。でも予算もあるし都合もあるから、考えちゃうなあ。

・・・・そうだよ。高かったら悪いよなあ・・・。

 

とか悩んでるときに。

 

「ええい!もうわかんない!!じゃあ、中華にするね中華!!決定」

とか言われたら。

 

ええ??本当はイタリアンがちょっといいなって思ってたのに・・・・(@_@)

 

ってことありませんか??

 

動物(ペットさん)も同じです。

 

【考える時間】というのは必ずあります。

お返事が早い子ばかりじゃないし、

 

え?今はいい。とか、

どっちでもいいなあ。

とかあいまいな答えもあります。

 

考える時間は、ペットさんによって早かったりゆっくりだったり。

人間と同じで個性があります。

 

だから、反応なかったら・・・

 

答えを「待ってあげる」

 

そしてしばらくしてもう一度あらためて聞いて上げたりする。

 

そうやって気を遣ってあげると、ちゃんと後でお返事してくれたりします。

答えを焦らないでほしいなあと思うんです。

 

ペースがあるのは、人間も動物(ペットさん)も同じですからネ。

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが、本日も幸せでありますように。

 

JUGEMテーマ:ペット

JUGEMテーマ:ねこのきもち

JUGEMテーマ:今日のこと

猫さんブツブツ

日常 comments(0) - ターニャ

こんにちは
動物対話士®の佐藤です。

6月に入りました。
梅雨の時期ですが、皆さま体調など崩されませんよう。


確かに。暑さより湿気が苦手でしたね。(^_^;)


さて、久しぶりにお会いした知り合いと、Dランチしてきました。
(デラックスランチじゃなくてデ○ーズでランチですヨ(笑))

 

その時話題で、ちょっと動物対話の話になったんですが、
その知人が訪問介護に行っているお宅で猫を飼われている方がいたそうです。

 

ある時、その飼い主さんがちょっと体調を崩されて、
ものを飲み込むことがしにくくなり、危険なくらい痩せてしまって、
お医者さんへ何度も行ったり訪問看護を受けたりと、とても大変だったそうです。

 

幸いお元気になられて、また介護を再開されたので、
久しぶりに知人が訪問すると、そこの飼い猫さんが、
普段はほぼ近寄って来ないのに、知人の足元にツカツカ近づいてきて、

 

「ねえねえ聞いて!!もう大変だったのよ!!」

 

と言うかのように「みやあーーー!!」と訴えかけて来られたそうです。

 

まさに上のセリフとしか思えないような表情と声色で来たので、
思わず知人も和んでしまい、

「あらあら、そうだったの。大変だったわね〜」と猫さんの頭をなでてしまったとのこと。

 

面白いのは、もちろん表情と鳴き声もそんな感じではあったけど、
それを抜きにしても、「明らかそう言ってると確信できる感覚」だったそうです。

そうとう大変だったんでしょうね(笑)

 

「うわー面白い対話をしましたねー」と私も和んでしまいました。

 

これはちょっと極端でわかりやすい例ではありますが、

普段、話しかけて、態度や鳴き声などで答えを判断する第五感をつかった動物対話を続けていると、

ある時、ふと直接感情が届いてくる、いわゆる第六感的な感覚を体験することがあります。

 

これは訓練した対話士だけじゃなくて、誰にでも有り得ること。

 

そんな時はぜひ、「そんなの気のせい」とか「たぶん違うわね」とシャッターを

閉めずに、「今のは正しい」って受け入れてみてくださいね。

 

その感覚は、きっと間違ってないですから。(^^)

 


お読みいただきありがとうございます。
ペットさんと飼い主さんが今月も楽しくありますように。

 

ただいまHPを変更製作中にて大変ご迷惑おかけいたしております。

セッションお申込みなどのお問合せは、
お手数ですがこちらのメールよりお願い致します。

 

 

JUGEMテーマ:ペット

JUGEMテーマ:ねこのきもち

認定試験合格してきました

動物対話士について comments(0) - ターニャ

こんにちは。動物対話士®の佐藤です。

 

令和になって18日と思っていたら、

今年になってもうすぐ半年なんですね。

ホントに年を重ねるほど、時の流れを早く感じます。

 

さて、先週動物対話士®の「更新認定試験」を受けてまいりました。

 

動物対話士®は、数年に一度、スキルチェックを受けて、

ちゃんとクライアント様に安定したセッションが行えるかチェックされます。

面接と実技を行い、無事合格にて認定いただきました!!(めっちゃ緊張しました。)

 

  

 

 

なんでそんな渋い顔なの??(^-^;

 

ということで、これからも頑張って、活動していこうと思います。

 

 

なんで同じ顔で言うの!!

しかもでかいし!!

 

そういえば、理事長にはじめてうちの看板猫をちょっとセッションしていただきました。

自分でセッションしないの?って声が聞こえますが、

対話士も自分の子には、もうただの「親バカ」になっちゃいます。(苦笑)

 

そうなるとどうしても先入観で見てしまうことも多々あるので、

こうやって他の対話士®に見て頂くと目から鱗のこともいっぱいあります。

そしたら、気になっていた健康のことなど聞いた後にふと。。。

 

「ああ、この子男の子っぽい子だね。いや、ほとんど中身男の子。」

 

というお答えをいただいて、後で家族で大笑い。

 

確かに「にゃーん♥」って甘い声より、

「うにゃ??」とか「あわにゃわ!!」とか、

ワイルドなしゃべり方するなあと思ってましたから。(納得)

 

はい。特にごはん欲しいときですね。(^-^;

 

HPもそうですが、ブログももっと更新していきたいと思います。

たまに来ていただいている方、いつもありがとうございます。

感謝!!

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが本日も幸せでありますように!!

 

JUGEMテーマ:ペット

味噌つくりとスピリチュアル?ワークショップ(後篇)

日常 comments(0) - ターニャ

こんにちは。

動物対話士®の佐藤です。

 

さて今日は昨日の続き。

味噌づくりの次は北杜市へ移動し、

スピリチュアル系?のワークショップに参加してきましたよ。

 

南アルプスが超キレイでした

 

実は私は動物対話士®の中でもかなり「現実派」サイド。
今までほぼスピリチュアル系のセッションもワークショップもあまり

受けたことなかったんですね。

 

でも動物対話でも、特に遠隔セッションや写真セッションになると、
いわゆる「返事を受け取る力」、テレパシー的な第六感能力が必要になってきます。

 

そしてそういう能力を開発して鍛えるようになると、
やっぱり「感じやすく・もらいやすく」なってくるんですよ。(笑)

 

たとえばいろんなものの「負の感情」ネガティブオーラとか。
また、いわゆる生霊さんに憑かれるとか・・・・。

 

 

そうそう、私の場合、右や左の方が突然超痛くなるの。

 

人に祓ってもらうこともあるんですが、
「自分の身を守れない人が、人の身なんか守れない!」です。

 

ということで、自分の身は自分で守ろうと、
今回受けたのが「セルフクリアリング」というワークショップ。

 

いわゆるネガティブな生霊などのエネルギーバンパイアから自分を守るというものです。

 

講師の先生は、その筋ではかなり有名なT・N先生。
(掲載の許可取るの忘れたので伏せですみません)
超本物の霊能力者のワークショップは初めてだったので、ちょっとドキドキしました。

 

ここでは内容は書けませんが、悪いものの追い出し方、
空間の邪気の払い方、自己バリアの張り方などたくさん教えてもらいました。


あくまで「自分」に特化したワークショップだったので、
人に憑いたものを祓う方法ではなかったんですが、
そちらについても機会があれば受けてみたいなと思いました。

 

また先生もおっしゃっていましたが・・・

 

スピリチュアルと呼ばれるような特殊能力は、
個人差があるけどその能力を持っていない人はいない。
でもできっこないって思うから、できないだけ。

しかも知らないうちに使っている。

 

そして、あと20年もしないうちに、今テレパシーとかのスピリチュアルって言われているものが、
普通にみんなできちゃうような時代が来るそうです。(WAO!)

 

自己啓発的な感じになっちゃうけど、やっぱり大切なのは「自己肯定」

できない人は「自己肯定が低い」だけ。

いかに「自分は大丈夫!できる!!」って信じてあげれるかが、
人生のすべてにおいて大切だとのことだそうです。


確かに、動物はみんなそうですよね。

「僕ダメダメなんだ」なんて犬はいないと思うし、
「きっとそんなことできないよ」って思う猫もいないでしょうから。

 

よーし。
これからは「無理に頑張る」んじゃなくて、自分を信じて力抜いて行こう!っと。

 

 

補足:

ワークショップ中に先生が、ひとこと。
「何人か悪いもの連れてきた人いたけど、

今日来られた方はみんな祓っておいたので大丈夫ですよ〜と。(@_@)

そのとき何度かちょっと目が合ったので、多分私は含まれていたなー。

 

だって東京帰って来てから、行く前はいろいろ悩んでたのに、

ほぼネガティブなこと考えなくなったんですよ。
 

もしかして「鬱気味」とかの人って、そういう影響もあるのかも・・・・と

ちょっと怖くなってしまった私でした。(^-^;

動物対話とは関係無くて失礼いたしました。

 


お読みいただきありがとうございます。
ペットさんと飼い主さんが今日も楽しくありますように。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

動物対話のご相談は随時受付中です。

HP改装中につき、お問合せやご連絡はこちらよりお願い致します。

ご迷惑お手数をおかけしすみません。

お気軽に♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

JUGEMテーマ:ペット

 

味噌つくりとスピリチュアル?ワークショップ(前篇)

日常 comments(0) - ターニャ

いろいろあって、なかなかブログが更新できず・・・・(T_T)

 

ちょっと自分の来し方行く末について考えることもあり、
悩んだり、考えたりしながら、でもちょっとずつちょっとずつ進んでおります。

 

そういう停滞期は気分転換が大事!!
 

ということで、

毎年お声をかけて頂いている味噌つくりと、

興味があるワークショップに参加するため山梨へ行ってまいりました。(^O^)/

 

まずは味噌つくりから。

 

以前もご紹介した「慧光寺(えこうじ)」さんという素敵なお寺です。
いつもここでは、型破りで自由な素敵な人たちと出会えます。


現地に着いたら、20人くらいの方が今年はご参加されていて、
とてもにぎやかに和気合い合いとすでに作業されていました。

 

 

麹と塩はすでにどなたかに混ぜて頂いていたので、煮た豆つぶしからスタート。

 

今年からマッシャー(文明の利器)も導入。

 

もう3回目なんですが、なかなか行程覚えられないもんですね。
次はこれでした?こうでした?って聞いちゃいました。

でもわからないことはどんどん聞くのは大切なこと。

 

みなさんで協力しあって、何とか完成できました。

 

そのあとは、みなさんが持ち寄りされた差し入れと、
アジア料理のプロ(先生)による、豪華カレーランチをいただきましたよ。

(超美味しかった。)

 

 

昨夜も豪華タイ料理だったそうです。
参加できずに残念!

でも食べ過ぎて、夜中までおなかがへらず、うんうんうなっておりました。

 

 

それはやめてー。(^_^;)

 

 

そして今回のもうひとつのメインイベントのスピリチュアル??な
ワークショップに参加するために、今度は北杜市へ移動です。

そちらのお話はまた明日。
動物対話にもとっても役立つ内容でした!

 

お読みいただきありがとうございます。
ペットさんと飼い主さんが本日も幸せでありますように。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

動物対話のご相談は随時受付中です。

HP改装中につき、お問合せやご連絡はこちらよりお願い致します。

ご迷惑お手数をおかけしすみません。

お気軽にどうぞ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

JUGEMテーマ:ペット

 

令和記念ミニセッション!!

動物対話士について comments(0) - ターニャ

3月はいろいろ考えることもあり、

ブログを半月お休みしてしまいました。m(__)m

すみません〜。

 

ホームページもご案内の内容に深くかかわることを検討中なので、

更新までもうしばらくお待ち願います。

 

さて、あれからおかげさまで猫もすっかり元気です。

 

 

あっという間に4月になり、本日新元号が発表になりました。

「令和」だそうです。

万葉集から採用されたとのこと。

 

ちなみに万葉集の歌には動物もたくさん登場するらしいんですが、

馬や鹿とかが多いそうです。

 

現代の私たちに身近な犬はたった3回くらい。

なんと猫にいたっては一回も登場しないとか。

ちょっとさびしい気もしますね。

 

さて、雑学はともかく・・・・

 

祝!!「令和」といたしまして、

 

「◇令和記念 動物対話ミニセッション◇」

を開催いたします。

 

開催日ですが・・・

れいわ(08)にちなんで8日?とも思いましたが、

もうお日にちが迫っていることもあり、

18日(いいわ)の木曜日に致しました。(^^)/

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

開催日:平成31年4月18日(木)

時 間:10時〜19時の中で30分

 

セッション種類:遠隔ミニセッション

(電話orスカイプ)

※電話の場合は恐れ入りますが通話料はクライアント様ご負担とさせていただきます。

 

料金:30分 3000円

(10分1000円で+10分 合計40分まで延長可です。)

 

質問:時間内無制限

対象ペットさんの種類:なんでもOK(エンジェルさんもOK)

 

ペットさんのお顔と全身が映ったお写真を2枚ご用意ください。

(スマホ等の写真で大丈夫です。)

添付先や送付の方法は折り返しご連絡いたします。

 

より深くご質問やご相談がしていただけますように、

通常ミニセッション20分のところ、

今回は30分とさせていただきました。


HPが工事中のため、お手数ですがこちらの

フォームよりお申込みください。

(締め切りは4月15日(月)到着分まで。)

 

なお、ご希望のお時間は先着順とさせていただきます。

お申込みいただきましたら、折り返し詳細をご連絡いたします。

 

お気軽にお申込みお待ちしております(^^)/

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが本日も幸せでありますように。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

動物対話士®佐藤タチアナ(ターニャ)

HP http://doubututaiwa.web.fc2.com/ 只今工事中

Twitter https://twitter.com/fette_ga_pyon?lang=ja

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

動物病院に行ってきました

日常 comments(0) - ターニャ

さて、

ちょっと体調が心配な看板ネコを連れて、

動物病院さんへ行ってきましたよ。

 

症状を話して、血液検査をしてもらいました。

 

結果・・・・・・・

 

 

・・刑事ドラマじゃないですから(^_^;)

 

お水を飲む量が増えると心配な病気として、

 

・甲状腺の病気(バセドー等)

・糖尿病

・腎臓病

 

とのことだったのですが、検査の結果、先生いわく、

「まったく問題無いですよー(^^)/」とのことで、一安心です。

 

でも診察中に、口の中を診ていた先生が「お!!」と声を出し、

指で何やらぐいぐいとされると、

 

ぽろっと超大きな歯石がポロリ。

 

まだ他にもいくつかあるようで、そっちも心配になっちゃいました。(苦笑)

 

また久しぶりの病院だったのですが。

キャリーケースに入れられている間や、

行き帰りの車の中、病院の待合室で、

普段出さない声で鳴いたり、涙目になったり。

 

痛くて長かった血液採取の注射中も、

骨瘤のため、激痛の爪切り中も、

頑張って取り乱さないで、ものすごく頑張ってくれました。

 

 

エライエライ!!って思いっきりほめましたよ。

よく頑張ってくれました・・・・(TT)

 

ホントに動物対話士®も、自分の子のことになると

ただの心配性の親バカになっちゃいます。

クライアントさんに偉そうなこと言えないですね(^_^;)

 

ということで、看板ネコもまだまだ健康。

私も頑張らねば。

 

 

さて次回より、講座のご案内やイベントセッション、新しく始めることなどを

徐々に告知して行こうと思います。

ホームページも徐々に改装アップしていきますので、

今後ともなにとぞ、宜しくお願い致します。

 

 

いつもご来場ありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが、いつまでも健康でありますように。

 

JUGEMテーマ:ペット

お水をちょっと飲みすぎかなあ

動物対話士について comments(0) - ターニャ

先日ちょっと具合が悪かったうちの猫ですが、
その後、元気そうにたくさんご飯を食べ、

元気に走っまわったりもしていたので、ちょっと一安心。

 

そしてお水もよく飲み・・・・
よく飲み・・・・

 

すごく飲み・・・・

 

たくさんたくさん飲み・・・・


・・・・・・・・


ちょっと飲みすぎじゃないですか???(@_@)

 

 

ホットカーペット等の暖房器具をつけているから、
人間もそうなるように、より喉が渇くというならいいんですけど、
ちょっと水飲む量が多すぎかなと。


最近おなかも良くギュルギュル鳴るし、
しかもおしっこもちょっと量が多いような・・・。

 

うーん。うちの看板猫も10歳。


・・・ちょっと腎臓病が心配です。

 

動物対話士®は、クライアントさんにもお伝えするように、

医学的なことは獣医さんに必ず診断して頂くのがルール。

 

 

気持ちでいくら「平気」って言っても、そこはちゃんと診てもらおうよ。

 

 

いやいや(^-^;

 

気持ちはすごくわかるけど、
きっと病院好きなペットさんいないからね。

みんな同じ同じ。


ということで、近日中に一度、健康診断を兼ねて、
病院に連れて行こうと思います。


何もないといいけどな・・・・・

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

HPを現在リニューアル「改装中」のため、

ご不便をおかけいたしております。

セッションなどのお問い合わせ等はこちらまで

よろしくお願い致します。

 

動物対話士®佐藤タチアナ(ターニャ)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

JUGEMテーマ:ペット

体調不良のフェッテさん

日常 comments(0) - ターニャ

先月、家族で遠出したため、超久しぶりに、

丸2日間お留守番だったうちの看板猫。

 

 

ちゃんと2日分の自動フィーダー(給餌器)でごはんもぜんぶ食べてくれて、

とくに感情も乱れた感じがしなかったんですが、

その後ちょっと体調を崩してしまって・・・。

 

ゆうべも、お水と毛玉をたくさんリバースしてしまい、

今まであんまり吐かない猫だったのに、ちょっと心配です。

 

病院へ連れていく・・にはすぐごはんも食べたし、元気なので、

せめて対話士®的に「気持ち」を聞こうと、

「この前のお留守番、寂しかったの?」とか聞いてみると、

「ちょっと寂しかった。(即答)」と(T_T)。

 

人間にとって2日でも、猫にとっては、もっと【長い時間】のお留守番なんですよね。

 

でも「ちょっとおなかを休めなよ」とご飯を少なくすると、

「え??なんで休めるの??今は大丈夫だからもっとおかわり!!(ガツガツ)」

と聞きゃしない(^-^;

 

ちょっと様子見ですね。

頑固で楽天的なところは誰に似たのでしょうかね。(笑)

 

同じ1日24時間でも、

その「流れている時間」は、

人間と動物では、きっと長さが違う。

 

共用できる「時間」はできるだけ「濃く」「大切に」していきたいものです。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが本日も幸せでありますように!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

HPを現在リニューアル「改装中」のため、

ご不便をおかけいたしております。

セッションなどのお問い合わせ等はこちらまで

よろしくお願い致します。

 

動物対話士®佐藤タチアナ(ターニャ)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

JUGEMテーマ:ペット

HPを改装中です

動物対話士について comments(0) - ターニャ

3月になりました。

ちょっと暖かくなってきましたね。(^^)

 

いろいろやりたいこととか、考え直すこともあり、

ただいまホームページをちょっと改装中です。

新たなオープンまで、ご迷惑をおかけいたします。

 

でもセッション等のお問い合わせはできますので、

お気軽にお問合せください。

 

 

 

最近・・・・・

アニマルコミュニケーションのニーズについてちょっと考えています。

 

よく、

アニマルコミュニケーターと動物対話士®って何が違うの?って聞かれるときに、

 

役割が違うとか、

通訳だけじゃなくて、カウンセリングもやってますとか・・・

対話士®としても、いろいろ「差別」ではなく、「区別」として

説明する部分はあるんですけど・・・・

 

ペットさんのことを「相談したい」側にとっては、

本当に何を必要としているんだろうなあ?って考えることがあります。

 

例えば・・・

アニマルコミュニケーターさんたちが、

本人の【特殊能力】を使って動物(ペットさん)の気持ちを、

飼い主さんに伝えてあげる仕事だとしたら・・・

 

動物対話士®は、特殊能力なんか必要なくても、

充分にもっと対話できるようになることを、

飼い主さん自身にお伝えして、実際にやって頂きたいとお伝えしたい仕事・・・

 

なのかなあって、最近思います。

 

でもそれって、実際のニーズはどうなんだろう??

 

ただペットさんの気持ち「当てて」欲しい人にとっては、

自分が出来なくてもいいし。

むしろ、聞きたいときだけ、「当たる」人に聞きたいって人もいるかもしれない。

特殊能力を身につけて、動物とは絶対「テレパシー」で会話したいって方もいる。

 

そういう方たちにとっては、動物対話®というものは、

誰でもできるなら、

「別にお金とってセッションする価値ないじゃん。」

って考えるかもしれない・・・。

 

でも私は動物対話士として・・・

やっぱり、飼い主さんに、もっと対話できるようになってほしい。

そのためには、特殊能力なんて必要ないって伝えたい。

 

もちろん「プロ」として仕事するには、

エンジェルさんとの写真セッションとか、

遠隔セッションとか、

気持ちをスムーズにお伝えするためには

「意識との対話(テレパシー)」などの

【訓練】された第六感も必要です。

 

でもそれは、もともと誰もが持っている能力であって、

選ばれた人だけが対話できるんだってことではぜんぜん無い。

 

実際・・・・

対話士®の家族は、テレパシー的なものなんか使わなくても、

ものすごくペットが返事してくれるようになったりできるし、

ときどきそれこそ「テレパシー的」な意識を

感じることができるようになるように。

 

まずは、目の前の子と、ちゃんと日本語で対話すること。

そして飼い主さん側の・・・・

 

ペットが日本語なんかわかるわけない。

テレパシー使えないと、動物と話なんかできない。

ペットの気持ちがわかったら、逆に怖いかも!!

 

などの、「心の偏見の壁」を取り除くだけで、

 

飼い主さんご自身が、

今よりめちゃくちゃ楽しいペットさんとの

対話ライフが出来るようになるってことと、

また自分自身の意識や生き方・考え方さえ

変えられるってことを伝えたいなと思っています。

 

大げさかな・・・(^-^;

でも本当。

 

まだまだ、動物対話®は、知られていないし偏見も多い職業だけど。

 

将来は絶対に、必要になる。

なってほしい。

 

そう願いつつ。。。。

3月も頑張ります。(^^)/

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが本日も、幸せでありますように。

 

 

Twitterの【日めくりカレンニャー】ですが、

事情につきちょっと休止中です。

再開したらまたよろしくお願いいたします。m(__)m

リニューアル予定のHPともどもよろしくお願いいたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:ペット

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM