大切なのはこちらからまず与えること

動物対話士について comments(0) - ターニャ

別の職場の同僚がインフルエンザでダウンして、怒涛の休日連勤とかがあり、

ようやく動物対話のブログがUPできました。(^-^;

久々ですみません。

 

そしたらその間に、

「しつけ」で犬を蹴った!!というニュースがあり、びっくり!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

そ、そんなことを教えるペットショップがあるんでしょうか!

「悪いことしたら、蹴りましょう」??

えええええ!!??

 

そんなに強く蹴っていないとか、そういう問題じゃ全くないですよ。

蹴るって行為自体、相手を尊重してないと思うんですけど・・・。

 

人間の子供の体罰がものすごく過敏になってきたこの時代、

犬や猫は、畜生だからまだまだ体罰をしてもいいって人がお店が、

いまだに存在しているってことなんでしょうか・・・。

 

 

 

動物だから言葉で言って聞かせてもわからないって、

思っているんでしょうね。

実際昔、犬は叩かないとダメだってわからない!とか言ってる年配の男性を

見たことあります。

 

はあ(ため息)

動物だって、人間と同じように個性もあるし、感情もあるし、もちろん痛みだってあるのにね。

 

 

このニュース以外にも・・・

 

「癒してもらいたくて買ったのに、ちっとも癒してくれない!!」

「こんな懐かないかわいくない子と思わなかった。」

そうやってせっかく譲り受けた子を返却したり、あげくに保健所へ連れて行ったりする・・・。

 

自分たちの要望に応えてくれないってだけで、この子は「欠陥品」だ。

そんな飼い主さんは正直まだまだいらっしゃいます。

 

対話士®は、飼い主さんに対して「それはいけないことだ。」と否定することはできません。

そのクライアントさんの意向に対して、「それはダメ!こうするべきです!」と意見することもできません。

 

でも個人の意見として・・・・

飼い主側が「愛情が欲しい」っていうなら、まず飼い主側から先に与えてあげて欲しいなって思う。

 

「いいや!ちゃんと与えてる!!」って言っても、

人間のエゴだったり、とまどいといらだちばっかり伝わって、

それが愛情だと伝わらないのかもしれません。

 

でも言う事を聞かないのは、言葉が通じてないから??

態度でしめさないと、動物はわからないから??

 

いつもありがとう(^-^;

 

「どうして飼い主さんの要望に「応え」てくれないのか。

その理由はぜったいあるはずなんですよ。

 

安心して眠りたいだけなのに、だっこだっこと触られる。

「怖いだけ」なのに、隠れているともっと叱られる。

そんなこと今したくないのに、しないと可愛くないって言われる。

 

伝わらない動物たちが、たくさんたくさん悲しい思いをしていると思うと、

対話士®個人の力が非力に感じてしまうこともある。

 

このニュースの子にも聞いてみたかったです。

 

蹴られてどう思ったか。

痛くなかったか。

なんで小石を食べちゃうのか?

おなかがへっているからなのか?

それでも飼い主さんの後をついていくのはどうしてか?

・・・・・・・・

 

飼い主さんがどう思おうと、せめてその「理由」その「答え」を伝えてあげたかった・・・。

そう思ってしまったニュースでした。

 

・・・・・・・・・・・

 

 

さて、

2月23日の「猫さん限定」イベントセッションですが、

まだまだお申込み可能ですよ!

 

12:00~

15:00~

16:00~

18:00~

19:00~

 

の時間帯受け付けています♪

お申込みはこちら

「お問い合わせ欄」に上記のご希望時間を第二希望まで記入して、フォームで送信してください。

(お電話でのセッションですが、スカイプも可です。)

 

お気軽にお問い合わせ・お申込みくださいねー。(^^)/

 

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

Twitterで日めくりカレンニャーもマイペースで更新中♪♪

うちの猫が毎日何かつぶやいていますヨ。

 

 

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが本日も幸せでありますように!

 

JUGEMテーマ:ペット

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM