体調不良のフェッテさん

日常 comments(0) - ターニャ

先月、家族で遠出したため、超久しぶりに、

丸2日間お留守番だったうちの看板猫。

 

 

ちゃんと2日分の自動フィーダー(給餌器)でごはんもぜんぶ食べてくれて、

とくに感情も乱れた感じがしなかったんですが、

その後ちょっと体調を崩してしまって・・・。

 

ゆうべも、お水と毛玉をたくさんリバースしてしまい、

今まであんまり吐かない猫だったのに、ちょっと心配です。

 

病院へ連れていく・・にはすぐごはんも食べたし、元気なので、

せめて対話士®的に「気持ち」を聞こうと、

「この前のお留守番、寂しかったの?」とか聞いてみると、

「ちょっと寂しかった。(即答)」と(T_T)。

 

人間にとって2日でも、猫にとっては、もっと【長い時間】のお留守番なんですよね。

 

でも「ちょっとおなかを休めなよ」とご飯を少なくすると、

「え??なんで休めるの??今は大丈夫だからもっとおかわり!!(ガツガツ)」

と聞きゃしない(^-^;

 

ちょっと様子見ですね。

頑固で楽天的なところは誰に似たのでしょうかね。(笑)

 

同じ1日24時間でも、

その「流れている時間」は、

人間と動物では、きっと長さが違う。

 

共用できる「時間」はできるだけ「濃く」「大切に」していきたいものです。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが本日も幸せでありますように!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

HPを現在リニューアル「改装中」のため、

ご不便をおかけいたしております。

セッションなどのお問い合わせ等はこちらまで

よろしくお願い致します。

 

動物対話士®佐藤タチアナ(ターニャ)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

JUGEMテーマ:ペット

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM