待ってあげる

動物対話士について comments(0) - ターニャ

こんにちは。動物対話士®の佐藤です。

 

今日は返事を「待つ」ことについて。

 

よく質問をして、何か反応(返事)を待つ。

そして対話する。

これが「動物対話」って話をさせていただいておりますけど・・・・

 

その時、意外とできないのが、

 

「待つ」ということ。

 

どうしても返事って焦っちゃうことありませんか??

 

何かを聞いて反応が無い。

 

え??どっちがいいの?

散歩行きたいの、やめたいの??

ごはん食べたいの?そうじゃないの?他の事なの?

 

人間は忙しいです(笑)

可愛いんだけど自分(人間都合の)の事もしたい!!

 

つい、早く返事もらって、さっさと行動起こして、

「鳴く」とか、「まとわりつく」という行為をやめてもらいたい!!

本音がでちゃいます(笑)

 

大切な子と、ちゃんと対話したいのはどの飼い主さんも同じ。

でもつい焦っちゃってませんか??

 

でもご自身に置き換えてみてください。

例えば・・・・

 

ご主人やお子様、または大切な友人に・・・

「ねえ。今日誕生日だよね。何か美味しいもの食べに行こうか?何が良い??」

なーんて聞かれたら嬉しいですよね。(^-^)

 

でもその後、

 

「ねえ!!何がいいの?イタリアン?それとも和食??それともエスニック???」

とか矢継ぎ早に聞かれて・・・

 

うーん。

どれもいいなあ。でも予算もあるし都合もあるから、考えちゃうなあ。

・・・・そうだよ。高かったら悪いよなあ・・・。

 

とか悩んでるときに。

 

「ええい!もうわかんない!!じゃあ、中華にするね中華!!決定」

とか言われたら。

 

ええ??本当はイタリアンがちょっといいなって思ってたのに・・・・(@_@)

 

ってことありませんか??

 

動物(ペットさん)も同じです。

 

【考える時間】というのは必ずあります。

お返事が早い子ばかりじゃないし、

 

え?今はいい。とか、

どっちでもいいなあ。

とかあいまいな答えもあります。

 

考える時間は、ペットさんによって早かったりゆっくりだったり。

人間と同じで個性があります。

 

だから、反応なかったら・・・

 

答えを「待ってあげる」

 

そしてしばらくしてもう一度あらためて聞いて上げたりする。

 

そうやって気を遣ってあげると、ちゃんと後でお返事してくれたりします。

答えを焦らないでほしいなあと思うんです。

 

ペースがあるのは、人間も動物(ペットさん)も同じですからネ。

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが、本日も幸せでありますように。

 

JUGEMテーマ:ペット

JUGEMテーマ:ねこのきもち

JUGEMテーマ:今日のこと

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM