ついお小言言っちゃうときは

日常 comments(0) - ターニャ

今、アトピーの脱ステロイド治療を受けていて、
手がステロイドの「リバウンド&好転反応?」中です。

 

もう火傷のように腫れあがってしまい、家事ができなくてちょっと困っています。

家族に洗い物とかを頼んでおりますが、
普段「いかに手を使っているか?」思い知る毎日です。

ケガして初めてありがたみがわかります・・・・。

 

うちのフェッテさんにも、「早くご飯!!」とか言われても、
「手が痛いから今無理ー。」とか言ってしまいがちで反省。

 

皆様もつい体調悪かったり、機嫌が悪かったりするとペットさんに

「もー。忙しいのに!!」とか
「後にしてよー」とか

言ってしまうことありませんか?

 

でもペットさんは、人間の息子さんのように
「こっちも腹減ってんだよー。早くしてよー」とか、
姉妹のように
「こっちだっていろいろ忙しいんだからさあ。」とか、
文句言ったりできません。(*_*;


言ったとしても、たいてい「あー、わかったわかった」なんて
適当に飼い主さんにあしらわれたりして。
ペットさんがっかり。
そのうち「言っても無駄だ」って思って、ストレスになっちゃうこともあるかもしれません。


人間にも人間の都合も事情もあるから、ついブツブツ言っちゃうことは仕方ないし、
だからって人間が我慢しすぎるのも、ツライ。

だからついペットさんに「お小言」言っちゃったら、
後で必ず「さっきはごめんね」って伝えてあげるとといいかなって思います。

 

人間同士も「ごめんねありがとう。」
ペットさんにも「ごめんねありがとう。」

 

うちの場合はだいたい「やれやれ、いつもの事じゃん」って、許してくれますよ。(^-^;

 

 

JUGEMテーマ:ペット

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM