対話する家族 

動物対話士について comments(0) - ターニャ

なんと関東は本日梅雨明けだそうです!
雨不足が少し心配ですね。


さて、最近うちの家族が、
フェッテさんとさらに上手に対話できるようになりました。

時には動物対話士の私顔負けです。

焦るなー(^-^;

 

部屋の入口に置いてある箱の中に、最近よくいるんですが、
どうしてそこにいるのかを聞いてみたそうです。

 

いろいろ質問をして・・・
たぶんこの質問にうんって言ってくれたと思う。

とか、

「あ、えっへん」って言った。

 

とか。

なかなか見事な対話ぶり。

 

ちなみにどうしてそこにいるのか私も聞いたら、

 

 

ですって・・・(笑)

 

でも本当にペットさんって、より対話ができるようになればなるほど、

態度や表情が明らかに、

 

今よりもっと信頼して安心できる。
この人はわかってくれる。
だから安心だし嬉しい。

 

って変わっていくものなんだなって、家族が対話できるようになるのを見て、

あらためて思います。

よりわがままも言うようになりますけどね(笑)

 

セッションのお話をするとクライアントさんによっては、

「ペットの気持ちなんてわからないほうがいい」とか、
「え?わかったら怖いよっ」て方が、

実は結構いらっしゃいます。(^-^;


でも自分がペットだったら、
「あなたの気持ちなんてわからないほうがいい」とか、
「あなたの気持ちがわかったらなんか怖ーい」

なんて言われちゃったら、

 

絶対寂しいなと思う。


飼い主さんがペットさんとより対話できるようになれば、
どっちも今よりも、すごく楽しいし嬉しいし、幸せになれる。

 

これは絶対、
ホントに

 

そう思います。(^^

 

  • 1
  • Check
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM