動物病院に行ってきました

日常 comments(0) - ターニャ

さて、

ちょっと体調が心配な看板ネコを連れて、

動物病院さんへ行ってきましたよ。

 

症状を話して、血液検査をしてもらいました。

 

結果・・・・・・・

 

 

・・刑事ドラマじゃないですから(^_^;)

 

お水を飲む量が増えると心配な病気として、

 

・甲状腺の病気(バセドー等)

・糖尿病

・腎臓病

 

とのことだったのですが、検査の結果、先生いわく、

「まったく問題無いですよー(^^)/」とのことで、一安心です。

 

でも診察中に、口の中を診ていた先生が「お!!」と声を出し、

指で何やらぐいぐいとされると、

 

ぽろっと超大きな歯石がポロリ。

 

まだ他にもいくつかあるようで、そっちも心配になっちゃいました。(苦笑)

 

また久しぶりの病院だったのですが。

キャリーケースに入れられている間や、

行き帰りの車の中、病院の待合室で、

普段出さない声で鳴いたり、涙目になったり。

 

痛くて長かった血液採取の注射中も、

骨瘤のため、激痛の爪切り中も、

頑張って取り乱さないで、ものすごく頑張ってくれました。

 

 

エライエライ!!って思いっきりほめましたよ。

よく頑張ってくれました・・・・(TT)

 

ホントに動物対話士®も、自分の子のことになると

ただの心配性の親バカになっちゃいます。

クライアントさんに偉そうなこと言えないですね(^_^;)

 

ということで、看板ネコもまだまだ健康。

私も頑張らねば。

 

 

さて次回より、講座のご案内やイベントセッション、新しく始めることなどを

徐々に告知して行こうと思います。

ホームページも徐々に改装アップしていきますので、

今後ともなにとぞ、宜しくお願い致します。

 

 

いつもご来場ありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが、いつまでも健康でありますように。

 

JUGEMテーマ:ペット

お水をちょっと飲みすぎかなあ

動物対話士について comments(0) - ターニャ

先日ちょっと具合が悪かったうちの猫ですが、
その後、元気そうにたくさんご飯を食べ、

元気に走っまわったりもしていたので、ちょっと一安心。

 

そしてお水もよく飲み・・・・
よく飲み・・・・

 

すごく飲み・・・・

 

たくさんたくさん飲み・・・・


・・・・・・・・


ちょっと飲みすぎじゃないですか???(@_@)

 

 

ホットカーペット等の暖房器具をつけているから、
人間もそうなるように、より喉が渇くというならいいんですけど、
ちょっと水飲む量が多すぎかなと。


最近おなかも良くギュルギュル鳴るし、
しかもおしっこもちょっと量が多いような・・・。

 

うーん。うちの看板猫も10歳。


・・・ちょっと腎臓病が心配です。

 

動物対話士®は、クライアントさんにもお伝えするように、

医学的なことは獣医さんに必ず診断して頂くのがルール。

 

 

気持ちでいくら「平気」って言っても、そこはちゃんと診てもらおうよ。

 

 

いやいや(^-^;

 

気持ちはすごくわかるけど、
きっと病院好きなペットさんいないからね。

みんな同じ同じ。


ということで、近日中に一度、健康診断を兼ねて、
病院に連れて行こうと思います。


何もないといいけどな・・・・・

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

HPを現在リニューアル「改装中」のため、

ご不便をおかけいたしております。

セッションなどのお問い合わせ等はこちらまで

よろしくお願い致します。

 

動物対話士®佐藤タチアナ(ターニャ)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

JUGEMテーマ:ペット

体調不良のフェッテさん

日常 comments(0) - ターニャ

先月、家族で遠出したため、超久しぶりに、

丸2日間お留守番だったうちの看板猫。

 

 

ちゃんと2日分の自動フィーダー(給餌器)でごはんもぜんぶ食べてくれて、

とくに感情も乱れた感じがしなかったんですが、

その後ちょっと体調を崩してしまって・・・。

 

ゆうべも、お水と毛玉をたくさんリバースしてしまい、

今まであんまり吐かない猫だったのに、ちょっと心配です。

 

病院へ連れていく・・にはすぐごはんも食べたし、元気なので、

せめて対話士®的に「気持ち」を聞こうと、

「この前のお留守番、寂しかったの?」とか聞いてみると、

「ちょっと寂しかった。(即答)」と(T_T)。

 

人間にとって2日でも、猫にとっては、もっと【長い時間】のお留守番なんですよね。

 

でも「ちょっとおなかを休めなよ」とご飯を少なくすると、

「え??なんで休めるの??今は大丈夫だからもっとおかわり!!(ガツガツ)」

と聞きゃしない(^-^;

 

ちょっと様子見ですね。

頑固で楽天的なところは誰に似たのでしょうかね。(笑)

 

同じ1日24時間でも、

その「流れている時間」は、

人間と動物では、きっと長さが違う。

 

共用できる「時間」はできるだけ「濃く」「大切に」していきたいものです。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが本日も幸せでありますように!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

HPを現在リニューアル「改装中」のため、

ご不便をおかけいたしております。

セッションなどのお問い合わせ等はこちらまで

よろしくお願い致します。

 

動物対話士®佐藤タチアナ(ターニャ)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

JUGEMテーマ:ペット

HPを改装中です

動物対話士について comments(0) - ターニャ

3月になりました。

ちょっと暖かくなってきましたね。(^^)

 

いろいろやりたいこととか、考え直すこともあり、

ただいまホームページをちょっと改装中です。

新たなオープンまで、ご迷惑をおかけいたします。

 

でもセッション等のお問い合わせはできますので、

お気軽にお問合せください。

 

 

 

最近・・・・・

アニマルコミュニケーションのニーズについてちょっと考えています。

 

よく、

アニマルコミュニケーターと動物対話士®って何が違うの?って聞かれるときに、

 

役割が違うとか、

通訳だけじゃなくて、カウンセリングもやってますとか・・・

対話士®としても、いろいろ「差別」ではなく、「区別」として

説明する部分はあるんですけど・・・・

 

ペットさんのことを「相談したい」側にとっては、

本当に何を必要としているんだろうなあ?って考えることがあります。

 

例えば・・・

アニマルコミュニケーターさんたちが、

本人の【特殊能力】を使って動物(ペットさん)の気持ちを、

飼い主さんに伝えてあげる仕事だとしたら・・・

 

動物対話士®は、特殊能力なんか必要なくても、

充分にもっと対話できるようになることを、

飼い主さん自身にお伝えして、実際にやって頂きたいとお伝えしたい仕事・・・

 

なのかなあって、最近思います。

 

でもそれって、実際のニーズはどうなんだろう??

 

ただペットさんの気持ち「当てて」欲しい人にとっては、

自分が出来なくてもいいし。

むしろ、聞きたいときだけ、「当たる」人に聞きたいって人もいるかもしれない。

特殊能力を身につけて、動物とは絶対「テレパシー」で会話したいって方もいる。

 

そういう方たちにとっては、動物対話®というものは、

誰でもできるなら、

「別にお金とってセッションする価値ないじゃん。」

って考えるかもしれない・・・。

 

でも私は動物対話士として・・・

やっぱり、飼い主さんに、もっと対話できるようになってほしい。

そのためには、特殊能力なんて必要ないって伝えたい。

 

もちろん「プロ」として仕事するには、

エンジェルさんとの写真セッションとか、

遠隔セッションとか、

気持ちをスムーズにお伝えするためには

「意識との対話(テレパシー)」などの

【訓練】された第六感も必要です。

 

でもそれは、もともと誰もが持っている能力であって、

選ばれた人だけが対話できるんだってことではぜんぜん無い。

 

実際・・・・

対話士®の家族は、テレパシー的なものなんか使わなくても、

ものすごくペットが返事してくれるようになったりできるし、

ときどきそれこそ「テレパシー的」な意識を

感じることができるようになるように。

 

まずは、目の前の子と、ちゃんと日本語で対話すること。

そして飼い主さん側の・・・・

 

ペットが日本語なんかわかるわけない。

テレパシー使えないと、動物と話なんかできない。

ペットの気持ちがわかったら、逆に怖いかも!!

 

などの、「心の偏見の壁」を取り除くだけで、

 

飼い主さんご自身が、

今よりめちゃくちゃ楽しいペットさんとの

対話ライフが出来るようになるってことと、

また自分自身の意識や生き方・考え方さえ

変えられるってことを伝えたいなと思っています。

 

大げさかな・・・(^-^;

でも本当。

 

まだまだ、動物対話®は、知られていないし偏見も多い職業だけど。

 

将来は絶対に、必要になる。

なってほしい。

 

そう願いつつ。。。。

3月も頑張ります。(^^)/

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが本日も、幸せでありますように。

 

 

Twitterの【日めくりカレンニャー】ですが、

事情につきちょっと休止中です。

再開したらまたよろしくお願いいたします。m(__)m

リニューアル予定のHPともどもよろしくお願いいたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:ペット

大切なのはこちらからまず与えること

動物対話士について comments(0) - ターニャ

別の職場の同僚がインフルエンザでダウンして、怒涛の休日連勤とかがあり、

ようやく動物対話のブログがUPできました。(^-^;

久々ですみません。

 

そしたらその間に、

「しつけ」で犬を蹴った!!というニュースがあり、びっくり!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

そ、そんなことを教えるペットショップがあるんでしょうか!

「悪いことしたら、蹴りましょう」??

えええええ!!??

 

そんなに強く蹴っていないとか、そういう問題じゃ全くないですよ。

蹴るって行為自体、相手を尊重してないと思うんですけど・・・。

 

人間の子供の体罰がものすごく過敏になってきたこの時代、

犬や猫は、畜生だからまだまだ体罰をしてもいいって人がお店が、

いまだに存在しているってことなんでしょうか・・・。

 

 

 

動物だから言葉で言って聞かせてもわからないって、

思っているんでしょうね。

実際昔、犬は叩かないとダメだってわからない!とか言ってる年配の男性を

見たことあります。

 

はあ(ため息)

動物だって、人間と同じように個性もあるし、感情もあるし、もちろん痛みだってあるのにね。

 

 

このニュース以外にも・・・

 

「癒してもらいたくて買ったのに、ちっとも癒してくれない!!」

「こんな懐かないかわいくない子と思わなかった。」

そうやってせっかく譲り受けた子を返却したり、あげくに保健所へ連れて行ったりする・・・。

 

自分たちの要望に応えてくれないってだけで、この子は「欠陥品」だ。

そんな飼い主さんは正直まだまだいらっしゃいます。

 

対話士®は、飼い主さんに対して「それはいけないことだ。」と否定することはできません。

そのクライアントさんの意向に対して、「それはダメ!こうするべきです!」と意見することもできません。

 

でも個人の意見として・・・・

飼い主側が「愛情が欲しい」っていうなら、まず飼い主側から先に与えてあげて欲しいなって思う。

 

「いいや!ちゃんと与えてる!!」って言っても、

人間のエゴだったり、とまどいといらだちばっかり伝わって、

それが愛情だと伝わらないのかもしれません。

 

でも言う事を聞かないのは、言葉が通じてないから??

態度でしめさないと、動物はわからないから??

 

いつもありがとう(^-^;

 

「どうして飼い主さんの要望に「応え」てくれないのか。

その理由はぜったいあるはずなんですよ。

 

安心して眠りたいだけなのに、だっこだっこと触られる。

「怖いだけ」なのに、隠れているともっと叱られる。

そんなこと今したくないのに、しないと可愛くないって言われる。

 

伝わらない動物たちが、たくさんたくさん悲しい思いをしていると思うと、

対話士®個人の力が非力に感じてしまうこともある。

 

このニュースの子にも聞いてみたかったです。

 

蹴られてどう思ったか。

痛くなかったか。

なんで小石を食べちゃうのか?

おなかがへっているからなのか?

それでも飼い主さんの後をついていくのはどうしてか?

・・・・・・・・

 

飼い主さんがどう思おうと、せめてその「理由」その「答え」を伝えてあげたかった・・・。

そう思ってしまったニュースでした。

 

・・・・・・・・・・・

 

 

さて、

2月23日の「猫さん限定」イベントセッションですが、

まだまだお申込み可能ですよ!

 

12:00~

15:00~

16:00~

18:00~

19:00~

 

の時間帯受け付けています♪

お申込みはこちら

「お問い合わせ欄」に上記のご希望時間を第二希望まで記入して、フォームで送信してください。

(お電話でのセッションですが、スカイプも可です。)

 

お気軽にお問い合わせ・お申込みくださいねー。(^^)/

 

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

Twitterで日めくりカレンニャーもマイペースで更新中♪♪

うちの猫が毎日何かつぶやいていますヨ。

 

 

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが本日も幸せでありますように!

 

JUGEMテーマ:ペット

2月のイベントのおしらせです♪

動物対話士について comments(0) - ターニャ

2月に入りました。

超寒波と超インフルエンザの波が来ているようです。

くれぐれもお身体にお気をつけくださいね。

 

さて・・・本日2月2日といえば・・・

「にゃんにゃん」ですね。

 

というとは、

2月22日は・・・・??

 

 

ですね。(^-^;

 

ということで、「猫さんイベント」をどーんと開催しますよ!!

と思っていたら・・・

 

 

・・・・・・そうでした。(T_T)

 

ならば、2月23日といえば・・・・

 

 

ということで、2月23日(土)に猫さん限定イベントを開催いたします!!

 

 

・・・・・(^-^;

 

ハイ!!

イベント告知です。

 

「猫のペットさん限定イベント」

「にゃんにゃん・みー 猫さん限定ミニセッション」

 

開催日時:2月23日(土) 10:00〜21:00

(上記時間内でご希望時間を選択いただけます。先着順)

 

料金:20分2000円(お電話でのセッションになります。)

   10分1000円単位で合計40分まで延長可。

 

ご応募開始:2月4日(月)より、HPよりお申込みいただけます。

※すみませんHP調整の都合で4日からに変更いたしました。

(イベントとは別に、通常1時間セッションも受付可)

フォームよりお申込みいただいた後、詳細をご連絡いたします。

 

大事な猫さんと皆さまが、もっと仲良くできるお手伝いができるといいなと思っています。

どうぞお気軽に、この機会に動物対話を体験ください。

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが本日も楽しくありますように。

 

日めくりカレンニャー

マイペースで更新中♪♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

JUGEMテーマ:ペット

ハイスペックな家族

動物対話士について comments(0) - ターニャ

さてファスティングですが・・・・

 

無事酵素オンリーの3日間は過ぎ、

昨日から回復食期間に入りました。
玄米クリームとか玄米粥とかをゆっくり食べ始めています。

 

いつもお世話になってるコジマフーズさんの有機玄米シリーズ

 

今回のファスティング「体験びっくり」は・・・

 

・回復食を開始すると通常は素材の甘味とか感じ、「わー新鮮」とかなるんですが、
なんと味以前に、食器のスプーンの金属の味・風味がして、思わず木のスプーンに変えるはめに。

 

・回復食二日目くらいから、ゆで卵程度のタンパク質はOK(肉はOUT)なんですが、
野菜スープに、本体を食べなきゃいいとちょっとだけ出汁でハムを入れたところ、
スープを飲んだだけで、なんと胃もたれが!!

(ベジタリアン・ヴィーガンの方たちがスープもダメ!という

理由がわかった気がします。水に溶けたタンパク質も立派なたんぱく質なんですね。(+_+))

 

という感じでした。

あとはやっぱり五感(とくに聴覚と嗅覚)がいつもより敏感になりました。

 

毎回ファスティングをするたびに、
「人間は食べ物の消化という作業に、普段こんなに身体に負担をかけているんだ」

ということを実感することができます。

 

明後日からは通常食。
あと二日、しっかり体を調整せねば。(^^♪


さて、その野菜スープを食べていた今朝の事。

どこかで普段耳慣れない「ピピピピピ」という電子音が。

 

「ん?携帯の電池切れた音?」とカバンの中の携帯をみてもまだ電池はある。
目覚ましにしては音が違う。

 

家族に聞いても、何だろう?となり、わからずじまい。

そこで私のお膝で甘えていた、看板ネコに聞いてみました。

 

「フェッテさん、いまぴぴぴぴって音したけど、なんだと思う?どこで鳴った?」

 

すると彼女はゆっくり両耳を前後に動かして、記憶をたどるようにし、
そして台所の方をまっすぐちらっと見て、
「あっちじゃない?」という返事をしてくれました。


正直私は違う部屋(寝室)で何か機械が鳴ったのかと思ってたんですが、
家族が見に行ったところ、台所の奥の洗濯機のエラー音でした。


さすが猫!!
耳の感度が人間とは質が違う!!!


動物と対話できるようになると、
人間よりはるかに卓越した機能をもつハイスペックな家族が、
人間にはわからないことを教えてくれる。


それってなんかスゴくないですか???


ありがとうフェッテさん。

 

 

あと、ファスティングの補足ですが、

五感だけでなく、第六感もやはり研ぎ澄まされるようで。
いつもよりフェッテさんの意識が「ふっ」と自然に入って来て、

対話の精度が上がるのを実感しました。

 

デトックスと身体の機能回復にもいいファスティング。
皆様もご興味があればぜひ体験してみてはいかがでしょうか?


え?食いしん坊だからとても無理??

飲食には目がない私も出来るからきっと大丈夫♪

(ファスティング中も、食べ物関係の雑誌ばかり見てるくらいですから(^_^;)

 

 

お読みいただきありがとうございます。
ペットさんと飼い主さんが本日も幸せでありますように。


ペットさんが食べてくれない!
なんか数年前から態度が変。
妹犬(猫)のことどう思っているかしら??


そんないろいろな飼い主さんのお悩みを、
五感とちょっとの第六感をつかって、

ペットさんへ聞いて飼い主さんにお伝えします。

そんなセッションのお申し込みもお気軽に♪

飼い主さんが今後より対話ができるようにお手伝い致します。

 

佐藤タチアナHP

動物対話をはじめよう←お問合せもお気軽に

 

ツイッター毎日更新中↓↓↓↓↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

JUGEMテーマ:ペット

満月と言えば・・

動物対話士について comments(0) - ターニャ

さて、明日、1月21日は満月です。

満月と言えば?


「ファスティング」

 

 

はい。
数日間(3日くらい)酵素ドリンクのみ摂取して過ごす断食健康法です。

 

 

満月というのはこれから月が欠けていくスタートでもあります。
自分の何かを減らす・断捨離するというスタートをするのに、
その月のバイオリズムに合わせて始めるのはより効果を得られるというわけ。

だから満月=ファスティングスタート。なんですよー。

 

 

あなたはお顔が満月みたいね(^-^;


巷では「ファスティング」っていうとすぐ=(イコール)ダイエットってイメージついちゃってますが、

私が思うに、ファスティングとは本来は「デトックス」
そしてお腹の休息。


いわゆる消化酵素とも言われる体内の「酵素」
普段ごはんをたくさん食べて消化するとたくさん使われて、ほぼ無くなってしまいます。

 

そこで、断食し、普段消化で使われる酵素を身体の修復や回復に当て、
さらに外からも新鮮な酵素をたっぷり補充し、身体を再生させちゃおうというのがファスティング。


行うことで身体が元気になり、なんと身体の「再生スイッチ」がON!
免疫力もアップされます。

 

さらに五感(聴覚とか味覚など)も本来の力を取り戻し、
精神(第六感とか第七感)も研ぎ澄ますことができます。


動物対話士®は、「よりしっくりくる」ものを「素早く選択」できるように、

直感を鍛える「筋トレ」という意味でも、ファスティングを実践する人が多いんですよ。
(養成講座でも実践されています。)

 

ということで、明日の満月・・・スタートと思ったけど、

26日(土)に会食(飲酒)の予定入れちゃったので、

一日フライイングで、本日スタートです!!

 

3日間+回復3日 6日間頑張りまーす。

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんと本日もお元気でありますよう。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

台湾スイーツ バースデイ

日常 comments(0) - ターニャ

年明けから仕事始めでバタバタしていたら、

あっという間に半月経過。(@_@)

 

本日は、私事ですみませんが、私こと佐藤の誕生日。

 

今日はお仕事をお休みにして、かねてより憧れていた、吉祥寺の

台湾薬膳料理のお店へ行ってきましたよ。

 

吉祥寺「月和茶(ゆえふうちゃ)」さん

http://yue-he-cha.com/

 

外観から、台湾テイスト満載な素敵なお店です。

 

2階に続く階段の内装も異国です。

 

店内に茶器のディスプレイなどもありました。

こんなのが家にひとつあったら、良い感じですね。

 

 

まずは点心を頂きました。小籠包♪

 

 

ランチの時間帯だったので、人気のメニューのミニセットをオーダーしました。

米粉湯(ミーフェンタン)というビーフンの麺と

魯肉飯(ルーローハン)のセット。

 

 

魯肉飯はお店でも大人気の定番とのこと。

ちょっと八角テイストの角煮がたくさんご飯に乗っかっていました。

「大変美味しい!(超好吃 ツァオハオチー)」でした。(^^)/

 

しかし、本日の目的は料理もですが、こちら。

 

台湾スイーツ!!!

 

です。

 

 

三月のライオンという漫画に、台湾スイーツが載っていて、

かねてから一度食べたい!と思っていました。

願望成就です♪

 

豆花(トウファ)という甘い豆腐に、

豆やタピオカなどがトッピングされた「吉祥豆花」と、

 

家族がオーダーした、「油條西米杏仁露」

 

驚きなのは、いい意味で「甘くない」

お砂糖入ってるのかな?って思っちゃうくらい甘すぎないんですね。

ほんのり身体にやさしい味でびっくりです。

 

いかに普段、甘いお菓子を食べちゃっているのか、ちょっと反省。

本当に美味しかったです。大満足でした。

 

 

いいんですよ(^-^;

今年の目標は、「笑顔・余裕・気負わない」ですから。

動物対話の仕事も、もちろん頑張りますよ〰。

 

あ、CMですが、

1月22日と29日に放送される、BSテレ東の番組に、

うちの対話協会の理事長伊東はなんが出演致します。

 

「まさはるくんが行く!ポチたまペットの旅」

 

放送日は2019年1月22・29日。ともに19時から。

BS放送ですが、ご興味がある方は、是非ご覧になってみてくださいね。

 

私もセッション頑張らねば。

 

セッションのお申込みは随時受付しています。

「うちの子の気持ちを聞いてみたい!」

「対話できるコツが知りたい。」

「お空に還ったあの子の、あの時の気持ちを聞いてみたいな。」

 

大事なペットさんとの話し合いをお手伝いします。

お申し込みはHPより。お問い合わせもお気軽に♪

佐藤タチアナ 動物対話をはじめよう

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんが本日も楽しくありますように。

 

 

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

 

そのとおりなんです

動物対話士について comments(0) - ターニャ

 

お正月気分も終わり、本日より世間はすっかり「お仕事モード」

私もギアを入れ替えていかねば!!

 

さて、

 

「動物対話」は誰でも出来る!

「特殊能力(テレパシー等)は必要ない!

 

というのは「動物対話士®」みんなが皆様にお伝えしたいことであります。

(もちろんプロとして仕事する場合は、鍛えた第六感も必要です。)

 

でも実際、動物対話士®は自分のペットと毎日テレパシーを使って対話しているのか??

と訊かれると・・・

 

 

はい。使ってません。(^-^;

 

日本語で聞く

何か返事(ジェスチャーとか表情とか)を受け取る。

日本語で確認を取る。(わからなければもう一回聞く)

な峪を受け取る。

 

基本はほぼ、この繰り返しです。

対話士®も、クライアントさんにお伝えしている方法を日々同じように実践しているんですヨ。

 

動物対話協会の理事長であり、師匠でもある「伊東はなん」氏が、

自身のブログでまさにこれはすごいお年玉!という記事を公開されてました。

「いまいる子(ペットさん)」とお話する方法です。

 

伊東はなん公式ブログ「伊東はなんと動物対話で人生変えちゃお」

はなん母さんからみなさまにお年玉♪

https://ameblo.jp/hananz/entry-12429775944.html

(以下、ブログより抜粋)

 

1)ルールを決める
「yes」の時はどうするか。
「no」の時はどうするか、のルール作りをする。
日常生活で「これってyesのサインだよね」というのを活用するのもいいことです。

2)疑わない心づくり
「本当に分かってるのかなぁ?」という気持ちを
人間が持っているうちは通じにくいです。
完全に分かり切ったうえで判断してる、と信じてください。
これができてない人が本当に多いので、対話がうまくいかないのです。

3)選択肢のある聞き方をする
「どう思う?」と聞かれても、
骨格が違うので私たちと同じように話すことは難しいです。
なので「A?B?C?どれがいい?」みたいな
聞き方をしてあげたほうが相手(ペットさん)に親切です。

4)答えを信じる
「多分これが答えだろうなぁ」という
返事っぽいものが返ってきたらそれを信じてあげましょう。
そしてその答えに対して日本語でお返事してあげましょう。

 

1〜4を対話のラリーとして繰り返してください。

 

(・・・・抜粋終了)

 

これ、本当にその通りなんです!!

 

とくに2と4ができてない方が多いとのことですが、

逆に言うと、それができるように「信じて」みると、

ようやく初めて「ペット」さんとの間にあった「障害物」が、取り除かれるんだと思います。

 

ペットさんは、いつだって伝えたいのに、

飼い主さんが「どうせわかるわけないわ」って思っているのもわかっちゃうから、

「どうせ答えてもわかってもらえない」ってがっかりしちゃう。

 

ペットは言葉なんかわかるわけない。

なんとなくうんって言ってる気がするけど自信がない。

 

そんな古い扉を取っ払うと、ペットさんと新たな扉が、ホント開けるんだけどなあ。(^^)/

 

 

いきなりは無理でも・・・

飼い主「あ、これは「yes」ってサインだ。」

ペットさん「このYesってサインはいつも絶対伝わってる」

 

そのYes(No)の共通認識ができるようになるだけで、変わりますよ。

 

Let's Try!!です。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

ペットさんと飼い主さんがより対話できるようになりますように。

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM